アイの歌声を聴かせてをみに行ってきた!

こんにちはかかずぼらです。
先週末「アイの歌声を聴かせて」をみにいってきました!!

昨年の10月にスタートしたので都内で上映している場所はただ一つ。
下北沢トリウッド
https://tollywood.jp/

予約できます!!
予約できない映画館は行きたくない・・・

おしゃれな映画館でした。
映画好きが通う映画館というかんじ。

1シアターしかない映画館。
時間によって上映するものが変わります。

贅沢です。
上映が開始してからかなりたっているので身に来る人少ないのかなと思っていましたが、そんなことない。
結果小さな映画館に20名近くいました。

映画はいい!
あれ?太鳳ちゃんってこんなに歌うまいんだ!!
そして可愛い!!

涙なくては観れない作品でした。

見終わったあと息子がお風呂で「父ちゃん ねぇ 幸せ?」
って言っていて。
聞いた父ちゃんが幸せそうに笑って「幸せだよ」と言っている姿をみて私も幸せになりました。

是非みてほしい作品です!

ここから先はネタバレが含むので読みたい方のみスクロールしてください。

ネタばれはこちら。

「サトミ ねぇ幸せ?」が口癖のAI シオン
シオンはサトミの母が作成したAIロボット。

サトミはそのことを母のスケジュールをこっそり確認したことでAI サトミのの存在を知る。スケジュールには極秘と書かれていた。
シオンはサトミが通う高校に転入をしてきた。

サトミはそこで悟ります。
極秘テストでシオンが転入してきたことを。
そんなサトミのもとにシオンが急に近づき。

「サトミ!!! サトミ今幸せ?」

と聞きます。
なんでサトミのことをしっているんだ?
と周りもサトミもびっくりします。

私はその時、お母さんが娘を幸せにするために作ったAIなのかと思ったけれど違いました。

サトミはシオンがAIロボットだということをばれないように幼馴染とともに頑張ります。
お母さんのためにこの潜入テストはクリアさせなければならないからです。
けれどシオンは周りのロボットに協力してもらい、研究所には偽のデータを作成して送信しており、何も問題がないようにしていました。

そこからは友情・愛・家族愛を感じるストーリー。
シオンは愛の塊でちょっと暴走ストーカーAI。
はじめに作ったのは〇〇。
それがめぐってシオンになった。

サトミのために。

是非みてもらいたいです。
家族で泣きながら楽しみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。