ドラム式洗濯乾燥機 60度洗濯は海外では当たり前。

こんにちはかかずぼらです。
我が家のドラム式洗濯乾燥機はパナソニックの60度洗濯ができるものです。

日本で60度洗濯ができる洗濯機はパナソニックだけ。
でも海外では60度洗濯が当たり前ってしっていますか?

昔チフスが流行した際に60度で洗濯することが当たり前になったからなんです。
その名残があり海外のドラム式洗濯乾燥機には必ずといっていいほど60度洗濯ができるようになっているそうです。

旦那が新卒で入った子に60度洗濯ができるのがおススメだよと話をした際に、外国人の同僚が日本で60度洗濯ができる洗濯機が一つしかない!!!って怒っていたそうです。

その話を聞いて
うんうん。そうなんだよ・・・と私は思ってしまいました。

60度洗浄じゃないと臭いが取れない・・・
さらに除菌にもなる。

こんないいことないのに日本の洗濯機では標準搭載ではないのです。

60度洗濯というものが日本のニーズにあっていないのか
それとも開発が難しいのか・・でもそれなら海外では流通していないはず。
何かがあるのでしょう。

60度洗濯は子育ての強い味方なのに・・・

おねしょの臭いもなくなるし、服についた体臭も消えるし。
洗濯物の生臭い臭いも消える!!
保育園のシーツも大量の着替えもよるスイッチを押せば朝にはふかふかに乾いていて翌日には持っていける!

最高なのに~

60度洗濯のデメリットは
・縮みやすい サイズを大きめを買えば解消
・洗濯にじかんがかかる

それくらいしか思いつかない・・・

日本に60度洗濯がもっと普及してもう少し安くなってほしい。
だってもうない生活は考えられないから・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。