小学3年生 自転車のブレーキをうまく使えず、交通事故になるところだった

こんにちは、かかずぼらです。
息子は自転車が乗れるようになった!と言っていますが、親からしたら正直乗れているうちに入れません。

なぜかというと、ブレーキをうまく使えないからです。

ブレーキで上手に泊まれないということは致命的。

なんとか使ってはいますが足で止めていることがしばしばあります。
そんな状態のため、一人ではのせないようにしているのです。

怖いです。

人をひくかもしれないし、ひかれるかもしれない。
事故にあう確率が高いです。

なので一人の時は乗らないように伝えていました。

ピアノの日に息子は自転車で行きました。
帰りに母と二人で自転車2台で自宅に帰ろうとしていたのです。

そこで安全のために、遠回りをして公園の前を通って帰宅しようとなりました。

公園に出るところで車と鉢合わせ。
息子はブレーキをかけましたが、うまく止まれず・・
双方スピードが出ていなかったので、無事に事故にならずにすみました。

      |   |
      | 母 |
ーーーーーーー 息子 ーーーーーーー
               車

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
     公園         |
                |

怖い怖い怖い。

止まってと何度も言っていて、息子も止まろうとしていましたが、ブレーキがうまくかからず・・・
本当に怖い思いをしましたが、無事でよかったです。

息子も怖かったみたいで、流石に母がいないところでこっそり自転車に乗ることを辞めました。

もうすこし手が大きくなったら、止めれるようになるのでしょうか。
どのような練習をすれば自転車のブレーキがかけれるようになるのか教えてください。
困っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。