神!ドラム式洗濯乾燥機がご臨終・・・①

こんにちはかかずぼらです。

息子が生まれて保育園に行き始めて購入したドラム式洗濯乾燥機。
たくさんの涙から母をすくってくれたドラム式洗濯乾燥機。
とうとうご臨終になりました。

ドラム式洗濯乾燥機は神的存在
働くお母さんにとっては必須です。

購入きっかけになったのは息子のおもらし。
保育園の汚れものは水洗いしてくださっている状態で渡されます。
水洗いだけなので袋を開けるともわぁぁぁんと臭いが漂います。
もちろんそのまま洗っても臭いは落ちません。
一度お湯で洗ってからでないと臭いは落ちないのです。

フルタイムで働き、保育園延長でギリギリお迎えし、徒歩、公共交通機関を使用して帰り
食事をつくり食べさせて、薬を飲ませる、お風呂、歯を磨く等寝る準備をしそこから洗濯ものをしていました。
もう深夜です。
洗面台でお湯洗い・・・・
辛くて涙が出てくるんです。

そこで旦那がドラム式洗濯機乾燥機を買おうとなりました。
高い・・・
高いけど・・・もう限界・・・
買うしかないとなり、購入。

購入条件

  • お湯洗いができること
  • ヒートポンプ式であること

購入当時お湯洗いができるヒートポンプ式ドラム式洗濯乾燥機はPanasonicだけでした。
迷いなくPanasonicを購入しました。

ブラックかかずぼら家に就職が決まったドラム式洗濯乾燥機・・・可愛そうに・・・・
多い日は一日3回も使用され、酷使されてきました。
正直壊れた回数も多かったです。

メリット

  • お湯で洗える
  • 洗剤を入れておけるタンクがある
  • 洗濯物の取り出しが楽
  • ほこりはフィルターにたまるので部屋干しより家にほこりがたまらない。
  • 乾燥まで行ってくれる洗濯ものを干す必要がない

デメリット

  • 1回の洗濯に時間がかかる3時間から4時間かかる
  • 壊れやすい
  • 詰まりやすい
  • 場所を取る

何度も何度も修理によび、ヒーターやパーツ等交換してもらい保障期間(5年間)内で中の部品がすべて新品になったかんじです。

保証期間後はどこが詰まるのかよくわかったので
自分たちでつまりをとったりして対応してきました。

今回購入に至ったのは洗濯乾燥機内部の風が出る部分に衣類が引っかかるようになったのです。
はじめは紐などが引っかかるようになり引っ張ってとったりしていました。
どんどんひっかかるようになり服が破れる等の被害が発生し始めたのです。
そこで初めてライトを当てて中を観てみると風が出る部分が割れてる・・・


金具部分に引っかかっていたのでまさか割れているとは思いませんでした。
まぁガムテープはってつかえばいいかと安易に考えていましたが旦那が無理だと思うよと。
布ガムテープをはれば1回は持ちますが2回目ははがれてしまいます。


毎回はる手間も、もし1回目ではがれて衣類が破れてしまうと意味がない・・・
保証期間が過ぎているので修理代もばかにならないとなり買い換えを検討することになりました。

こんなにデメリットがあるのに次もドラム式洗濯乾燥機を買ってしまうほどドラム式洗濯乾燥機は神です。
なくてはならない存在。
ない生活は考えられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。